西尾 伸二

志摩の星空コンシェルジュ

ここにあるのは大自然の星空だけ
周りを海に囲まれた志摩の地は、人工の明かりが少なく天体観測に最適なスポット。天体マニアもうなる、美しい星空が年間を通して観測できます。近代的なドームや星を見やすくする自動開閉式屋根などはありませんが、ここにはありのままの星空があります。専属コンシェルジュによる星の話に耳を傾けながら、魅惑の旅へでかけてみませんか?

満天の星に出合える星空テラス

6階の「Wine & Café SORACOLOR」に隣接するテラスが星空観測のステージ。
天体観測時には、隣のバーにてワインなどのお飲み物をお愉しみいただけます(別途有料)。
  • 月面
  • 土星

月や惑星を撮影してみよう!

お手持ちのスマートフォンでリアルな月面を撮影してみませんか? 星空テラスの望遠鏡をカスタマイズして、お客様のスマートフォンで月や惑星の撮影ができるようになりました。望遠鏡の接眼レンズにスマートフォンを近づけるだけで、月面クレーターや土星の輪ほか、月や惑星の美しい姿を撮影することができます。もちろん、タブレットをお持ちなら、さらにクオリティの高い画像での撮影も!
西尾 伸二
星空コンシェルジュ

西尾 伸二 Shinji Nishio

志摩の星空を知り尽くしたスペシャリスト。一冊の天文書がきっかけで小学2年生より天文学に目覚める。当時、非常に高価だった天体望遠鏡を手に入れる代わりに文房具店で虫眼鏡や安物のレンズを買い集め、独学でガリレオ式望遠鏡やケプラー式望遠鏡を自作。月面や主な星雲・星団などを観測した。中学・高校時代は天文部長。社会人になってからは、地域各教育機関が開く子ども向け天体観測会や市民向け天体観測会でも活躍している。現在、プロヴァンスの星空テラスで使用しているマシーンは、小型望遠鏡~40cm大型追尾機能付き反射望遠鏡など複数台です。ほかに、天体撮影専用望遠鏡をコンピューター制御の自動導入・自動追尾装置に同架しています。お客様には太陽系内天体(月・惑星・彗星・恒星)、銀河系外天体の星座や神話の解説を行うと同時に、お客様ご持参のデジカメや携帯電話用SDカードを使っての天体撮影体験を実施しています。

6月の見どころは?

6月からは、いよいよ夏の天の川が楽しめる季節の始まりとなり、
6階星空テラスで夕涼みをしながら望遠鏡でその中の不思議な銀河の世界を観察したり、
椅子に座り大きく帯状に流れるその天の川の姿を肉眼で眺めながら
時よりその中を流れる流れ星を楽しめる季節の始まりです!
  ※イベント時間内で夏の天の川が楽しめる期間は6月~9月の月明かりが無い夜となります。

1枚目の画像は正面玄関の前からカメラレンズで撮影した夏の天の川とプロヴァンスの建物の風景写真です。
2枚の画像は天の川の中の、散開星団をイベン星空イベントで使用する望遠鏡でテラスから撮影した画像です。
プロヴァンスと天の川の風景
プロヴァンスと天の川の風景(2020年4月29日撮影)
天の川とは?
地上から見える星空の中で、空を横切る帯状の雲のようなものを天の川と呼びます。天の川の正体は太陽=恒星のように自ら輝く星が推定で1500億から2000億個の大集団です。そしてこの大集団は一つの銀河を作っています。この銀河を「銀河系」または「天の川銀河」と呼びます。
M7散開星団
M7散開星団(2020年4月29日撮影)
天の川の中を望遠鏡で覗くと、どんな世界?
肉眼で見ると白い雲の帯に見えますが、望遠鏡で拡大して観察すと全て星の集まりで、その中にはサンプル画像の様に沢山の小さな星々の中に比較的明るく更に星が集中して見える散開星団や、ぼんやりガス状になった星雲が沢山確認することが出来ます。

7月の見どころは?

7月と言えば七夕の月であり天の川も天頂をまたぎ見ごろの月でもあります。
その天の川の中の正体は無数の恒星の大集団であり、
その他の様々な星雲や星団も存在し中には新たに星が生まれている領域や、
星の生涯を終えようとしている天体も確認する事が出来ます。
7月は、そんな星の始まりと終わりの世界をご紹介いたします。
M16「わし星雲」…星の誕生している領域(2019年7月撮影)
M16「わし星雲」… 星の誕生している領域
夏の天の川の流れの中に位置する、へび座の星雲M16「わし星雲」は、太陽よりもずっと重い星が誕生しつつある現場である。わし星雲の中心部には柱状の形をしたガスの塊があり、1995年にハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像によってよく知られる存在になり。この構造には「創造の柱(Pillars of Creation)」という名前が付けられています。
こと座のリング星雲(2019年7月撮影)
こと座のリング星雲
こと座の方向約2000光年の距離にあるM57リング状星雲は、環状星雲とも呼ばれています、太陽の数倍の質量を持った恒星が核融合を終えて定年を迎え、放出した外層のガスが輝く星としての一生を終えようとしている姿で恒星から星雲に変化した姿の天体です。

※イベント時間内で夏の天の川が楽しめる期間は6月~9月の月明かりが無い夜となります。

イベントスケジュール

EVENT SCHEDULE
内容
人気の月面や惑星の観測とスマートフォン及びデジタルカメラへの無料撮影サービスを実施
開催日
【6月の観測スケジュール】
●星空観測:6月1日~6月15日 
●月観察:6月16日~6月30日
【7月の観測スケジュール】
●星空観測:7月1日~16日・27日~31日 
●月観察:7月17日~26日
※水曜・木曜日はお休みです。GW・夏休み・年末年始は開催している場合もございます。詳しくはスタッフまで。
※月明りのある夜は、月光の影響で天体の映像は多少淡くなりますのでご了承下さい。
※月の出ている夜は、大人気の月面拡大観測やスマートフォンやデジタルカメラでの無料撮影サービスを開催します。
※観測専用の望遠鏡と撮影システムもございます。
 他の季節に撮影した天体データも無料プレゼント出来ますので16G以上のSDカードやUSBステックもご持参ください。