西尾 伸二

志摩の星空コンシェルジュ

ここにあるのは大自然の星空だけ
周りを海に囲まれた志摩の地は、人工の明かりが少なく天体観測に最適なスポット。天体マニアもうなる、美しい星空が年間を通して観測できます。近代的なドームや星を見やすくする自動開閉式屋根などはありませんが、ここにはありのままの星空があります。専属コンシェルジュによる星の話に耳を傾けながら、魅惑の旅へでかけてみませんか?

満天の星に出合える星空テラス

6階の「Wine & Café SORACOLOR」に隣接するテラスが星空観測のステージ。
天体観測時には、隣のバーにてワインなどのお飲み物をお愉しみいただけます(別途有料)。
  • 月面
  • 土星

月や惑星を撮影してみよう!

お手持ちのスマートフォンでリアルな月面を撮影してみませんか? 星空テラスの望遠鏡をカスタマイズして、お客様のスマートフォンで月や惑星の撮影ができるようになりました。望遠鏡の接眼レンズにスマートフォンを近づけるだけで、月面クレーターや土星の輪ほか、月や惑星の美しい姿を撮影することができます。もちろん、タブレットをお持ちなら、さらにクオリティの高い画像での撮影も!
西尾 伸二
星空コンシェルジュ

西尾 伸二 Shinji Nishio

志摩の星空を知り尽くしたスペシャリスト。一冊の天文書がきっかけで小学2年生より天文学に目覚める。当時、非常に高価だった天体望遠鏡を手に入れる代わりに文房具店で虫眼鏡や安物のレンズを買い集め、独学でガリレオ式望遠鏡やケプラー式望遠鏡を自作。月面や主な星雲・星団などを観測した。中学・高校時代は天文部長。社会人になってからは、地域各教育機関が開く子ども向け天体観測会や市民向け天体観測会でも活躍している。現在、プロヴァンスの星空テラスで使用しているマシーンは、小型望遠鏡~40cm大型追尾機能付き反射望遠鏡など複数台です。ほかに、天体撮影専用望遠鏡をコンピューター制御の自動導入・自動追尾装置に同架しています。お客様には太陽系内天体(月・惑星・彗星・恒星)、銀河系外天体の星座や神話の解説を行うと同時に、お客様ご持参のデジカメや携帯電話用SDカードを使っての天体撮影体験を実施しています。

3月の見どころは?

寒さも緩み始める3月からは、
天体イベント会場で最も質問の多い『北斗七星はどれですか?』と言われる程の、
おおくま座の尻尾にあたる非常に大きく分かりやすい星の並びが目立つ季節となります、
またその周囲には多くの数千万光年彼方の系外銀河が点在し
3月・4月は深宇宙を感じる天体イベントの季節の始まりです。
今回のサンプル画像は、実際の北斗七星の並びと、
その周囲にある系外銀河の一つM51子持ち銀河のご紹介です。
北斗七星とは
北斗七星とは(2020年1月撮影)
北斗七星とは
北斗七星という呼び名は中国から伝わったものだそうです。日本では「北斗」「北斗星」と略して呼ばれるほか、「ひしゃく星」「七つ星」「七曜の星」「四三(しそう)の星」「舵星」「七剣星」など様々な呼び名を持ち、日本のアニメでも『北斗の拳』に出てくる若い世代の方々にも有名な星の並びですね。
M51子持ち銀河とは
M51子持ち銀河とは(2020年1月撮影)
M51子持ち銀河とは
我々の住む天の川銀河から遥か3,700万光年にあり、大小2つの銀河がつながっているため、子持ち銀河という名前がつけられた有名な天体です。写真撮影では、M51のきれいな渦巻きの1本の腕の先に、小型の銀河(NGC 5195)がぶら下がっている姿がひじょうによくわかります。

4月の見どころは?

4月になると夜の気温も暖かい季節となり夜空は星々の並びが非常分かりやすい北斗七星や、
春の季節の代表的な星座であるふたご座·かに座·しし座·おとめ座が春の夜空を飾る月となり、
その星座の解説と更に月明かりの無い夜はその中にある銀河団(しし座トリオ銀河等)や
美しい星団(かに座のプレセペ星団)の観測の見どころです。
今回のサンプル画像も、実際に6階星空テラスの観測機材で撮影した画像です。
しし座トリオ銀河とは
しし座トリオ銀河とは(2020年1月撮影)
しし座トリオ銀河とは
しし座の三つ子銀河(Leo Triplett)またはM66銀河群(M66 Group)は、しし座の方角に約3500万光年離れた位置にある小さな銀河群で。この銀河群は、M65、M66、 NGC 3628の3つの渦巻銀河から構成され、望遠鏡.で観測すると3つの銀河が寄り添って並んでいる姿を見ることができます。
かに座プレセぺ星団とは
かに座プレセぺ星団とは(2020年1月撮影)
かに座プレセぺ星団とは
12星座の中では、かに座は非常に小さな星座でふたご座としし座の間に位置し肉眼では淡く小さな雲がある様に見える星座ですが、そこの淡い雲の様な所はかに座のお腹の部分にあたるところで望遠鏡を向けると、地球から550光年彼方に位置する非常に美しい宝石を散りばめた様な星団の世界です。

イベントスケジュール

EVENT SCHEDULE
内容
人気の月面や惑星の観測とスマートフォン及びデジタルカメラへの無料撮影サービスを実施
開催日
【3月の観測スケジュール】
●星空観測:3月1日~3月16日 
●月観察:3月17日~3月31日
【4月の観測スケジュール】
●星空観測:4月1日~4月17日 
●月観察:4月18日~4月30日
※水曜・木曜日はお休みです。GW・夏休み・年末年始は開催している場合もございます。詳しくはスタッフまで。
※月明りのある夜は、月光の影響で天体の映像は多少淡くなりますのでご了承下さい。
※月の出ている夜は、大人気の月面拡大観測やスマートフォンやデジタルカメラでの無料撮影サービスを開催します。
※観測専用の望遠鏡と撮影システムもございます。SDカードやUSBステックもご持参ください。