日付やプランが
お決まりの方はこちら
お得なプランがいっぱい
  • EN
西尾 伸二

志摩の星空コンシェルジュ

ここにあるのは大自然の星空だけ
周りを海に囲まれた志摩の地は、人工の明かりが少なく天体観測に最適なスポット。天体マニアもうなる、美しい星空が年間を通して観測できます。近代的なドームや星を見やすくする自動開閉式屋根などはありませんが、ここにはありのままの星空があります。専属コンシェルジュによる星の話に耳を傾けながら、魅惑の旅へでかけてみませんか?

満天の星に出合える星空テラス

6階の「Wine & Café SORACOLOR」に隣接するテラスが星空観測のステージ。
天体観測時にはフリードリンクをご用意。また、専属インポーター厳選のこわだりワインを
お召し上がりいただきながら星空観測ができます(別途オーダーのドリンクは有料)。
  • 月面
  • 土星

月や惑星を撮影してみよう!

お手持ちのスマートフォンでリアルな月面を撮影してみませんか? 星空テラスの望遠鏡をカスタマイズして、お客様のスマートフォンで月や惑星の撮影ができるようになりました。望遠鏡の接眼レンズにスマートフォンを近づけるだけで、月面クレーターや土星の輪ほか、月や惑星の美しい姿を撮影することができます。もちろん、タブレットをお持ちなら、さらにクオリティの高い画像での撮影も! そのほか、これまでにコンシェルジュが撮影した銀河や星雲などを背景にした記念写真や、観測日の天体画像をお客様のスマートフォンにプレゼントしています。
西尾 伸二
星空コンシェルジュ

西尾 伸二 Shinji Nishio

志摩の星空を知り尽くしたスペシャリスト。一冊の天文書がきっかけで小学2年生より天文学に目覚める。当時、非常に高価だった天体望遠鏡を手に入れる代わりに文房具店で虫眼鏡や安物のレンズを買い集め、独学でガリレオ式望遠鏡やケプラー式望遠鏡を自作。月面や主な星雲・星団などを観測した。中学・高校時代は天文部長。社会人になってからは、地域各教育機関が開く子ども向け天体観測会や市民向け天体観測会でも活躍している。現在、プロヴァンスの星空テラスで使用しているマシーンは、小型望遠鏡~40cm大型追尾機能付き反射望遠鏡など複数台です。ほかに、天体撮影専用望遠鏡をコンピューター制御の自動導入・自動追尾装置に同架しています。お客様には太陽系内天体(月・惑星・彗星・恒星)、銀河系外天体の星座や神話の解説を行うと同時に、お客様ご持参のデジカメや携帯電話用SDカードを使っての天体撮影体験を実施しています。

5月の見どころは?

安定した天候に恵まれる5月は、月や惑星がクリアに見える季節。
5月は月面観測に加えて、太陽系最大の惑星、木星と金星が見頃を迎えます。
木星
木星
太陽系で最大の惑星です。直径は地球の約11倍で、重さは約318倍。太陽のまわりをひとまわりする公転周期は約12年で、大きなわりに自転スピードは速く、約10時間が1周期です。木星は水素とヘリウムからできているため、地球のようにかたい地面はなく、「ガス惑星」と呼ばれています。望遠鏡では木星の大気の縞模様をはっきりとらえることができ、また、木星の周りの明るい4つの衛星、イオ・エウロパ・ガニメデ・カリストの存在を確認することができます。2018年の木星の見頃は5月~8月。特に5月はイベント時間内に、南東の空にひときわ明るい天体として肉眼でも確認できます。
撮影日:2016/06/10 21:50
金星
金星
金星は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星です。地球に最も近い公転軌道をもち、大きさと平均密度が最も地球に似た惑星です。そのため、「地球の姉妹惑星」と表現されていますが、実際には二酸化炭素の厚い大気に覆われ、その大気中の硫酸の粒でできた雲と地上での活発な火山活動のため地表は非常に高温で、とても生命が存在できる環境ではありません。また、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽や月に次いで明るく見える星であることから、明け方に見えるものを「明けの明星」、夕方に見えるものを「宵の明星」と呼びます。望遠鏡を通して観測すると、地球の軌道の内側を公転しているので太陽の光が当たらない部分も見ることになり、月の様に満ち欠けをおこして見えます。2018年の見頃は5月~8月ですが、西に沈む時間が早いため、イベント時間内では前半1時間が観測の時間となります。
撮影日:2017/02/10 18:52
月
毎月、月面観測は実施していますが、5月からは非常に安定した大気になるため、通常の観測より更に拡大率を高め、より月面の細部の観測を行います。
撮影日:2017/05/07 21:30

6月の見どころは?

いよいよ6月から大人気の「天の川」と「太陽系の代表的な惑星」が
観測できるシーズンのスタートとなります。
木星・土星・月
木星・土星・月
木星・土星や月の様に満ち欠けをおこす金星が見所となり今期夏季シーズン9月頃までが見所となります。また7月からは15年ぶりに火星が地球に最接近し夏前からマスコミでも大きな話題となるでしょう。
※火星については随時6月以降にホームページにてお知らせいたします。
木星撮影日:2017/06/22 20:01
土星撮影日:2017/06/27 21:40
月撮影日:2017/02/10 18:52
天の川
天の川
一度は見てみたい天の川。6月の月明りのない夜は東の空から横たわるように昇ってきます。天の川とは、私たちの住む銀河系の姿であり、そこへ望遠鏡を向けるとさまざまな星雲・星団等が数多く点在している姿をレンズを通して見る事ができます。
撮影日:2017/06/24 21:30

5月・6月のイベントスケジュール

EVENT SCHEDULE
内容
人気の月面や惑星の観測とスマートフォン及びデジタルカメラへの無料撮影サービスを実施
開催日
2018年5月1日~3日、17日~31日
2018年6月1日~16日、17日~30日
※水曜・木曜日はお休みです。GW・夏休み・年末年始は開催している場合もございます。詳しくはスタッフまで。