日付やプランが
お決まりの方はこちら
お得なプランがいっぱい
  • EN
西尾 伸二

志摩の星空コンシェルジュ

ここにあるのは大自然の星空だけ
周りを海に囲まれた志摩の地は、人工の明かりが少なく天体観測に最適なスポット。天体マニアもうなる、美しい星空が年間を通して観測できます。近代的なドームや星を見やすくする自動開閉式屋根などはありませんが、ここにはありのままの星空があります。専属コンシェルジュによる星の話に耳を傾けながら、魅惑の旅へでかけてみませんか?

満天の星に出合える星空テラス

6階の「Wine & Café SORACOLOR」に隣接するテラスが星空観測のステージ。
天体観測時には、隣のバーにてワインなどのお飲み物をお愉しみいただけます(別途有料)。
  • 月面
  • 土星

月や惑星を撮影してみよう!

お手持ちのスマートフォンでリアルな月面を撮影してみませんか? 星空テラスの望遠鏡をカスタマイズして、お客様のスマートフォンで月や惑星の撮影ができるようになりました。望遠鏡の接眼レンズにスマートフォンを近づけるだけで、月面クレーターや土星の輪ほか、月や惑星の美しい姿を撮影することができます。もちろん、タブレットをお持ちなら、さらにクオリティの高い画像での撮影も! そのほか、これまでにコンシェルジュが撮影した銀河や星雲などの天体画像や星空を背景にした記念写真をお客様のスマートフォンにプレゼントしています。
西尾 伸二
星空コンシェルジュ

西尾 伸二 Shinji Nishio

志摩の星空を知り尽くしたスペシャリスト。一冊の天文書がきっかけで小学2年生より天文学に目覚める。当時、非常に高価だった天体望遠鏡を手に入れる代わりに文房具店で虫眼鏡や安物のレンズを買い集め、独学でガリレオ式望遠鏡やケプラー式望遠鏡を自作。月面や主な星雲・星団などを観測した。中学・高校時代は天文部長。社会人になってからは、地域各教育機関が開く子ども向け天体観測会や市民向け天体観測会でも活躍している。現在、プロヴァンスの星空テラスで使用しているマシーンは、小型望遠鏡~40cm大型追尾機能付き反射望遠鏡など複数台です。ほかに、天体撮影専用望遠鏡をコンピューター制御の自動導入・自動追尾装置に同架しています。お客様には太陽系内天体(月・惑星・彗星・恒星)、銀河系外天体の星座や神話の解説を行うと同時に、お客様ご持参のデジカメや携帯電話用SDカードを使っての天体撮影体験を実施しています。

2月の見所は?

1月に見られた、冬の代表的な星座であるオリオン座・ふたご座・大犬座等の観測が本格的な見所の季節となり、合わせて東の空に大きなしし座や北東の空からは有名な北斗七星が見え始めます。
オリオン大星雲
オリオン大星雲
12月から見え始めた有名な天体であるオリオン座の大星雲が、2月は最大の高度まで昇り更に美しさを増す時期を迎えます。
オリオン大星雲は、勇者オリオンの剣のあたりに輝く有名な大散光星雲です。眼視で観察しても写真に撮影しても、すばらしい美しさを見せてくれます。「星のゆりかご」とも呼ばれ、現在も多くの新しい星がその中で生まれている事が研究によって解明されています。天文学者のメシエは、1771年に蝶あるいは鳥が羽を広げたような姿とトラペジウム(生まれたての星の姿)をスケッチに残しています。明るい天体なので、望遠鏡が発明される以前から存在は知られていました。地球からの距離は約1700光年です。(見頃:11月~翌年3月)
プレセペ星団
プレセペ星団
ふたご座としし座のほぼ中間あたりに、ぼんやりと肉眼でも見える光のかたまりが、かに座の大散開星団M44(プレセペ星団)です。紀元前から存在は知られていましたが、1609年にガリレオ・ガリレイが自作望遠鏡で初めて星の集団であることを発見しました。3.3等から14等までの星が200個以上あることがわかっています。
この星団があるかに座自体は、明るい星がない小さな星座で目立たないのですが、その中に望遠鏡を向ける美しい宝石の様な沢山の星を散りばめた世界が楽しめます。(見頃:2月~5月)

3月の見どころは?

3月になると冬の大陸からの寒気も治まり、夜も少し過ごし易くなってきます。上空の透明度もまだまだ高い空で、月の観測には絶好の季節でもあります。
3月は、日々の満ち欠けで変化する月の地形の観測がお勧めとなります。

2枚のサンプル画像は、実際にプロヴァンス6階のテラスから撮影した月面です。
月


月面

月の起源とは?
46億年前、原始の地球に火星程の大きさの天体が地球の北半球辺りに衝突しました。
地球はなんとか原型を留めましたが、衝突した別の天体は地球より小さかった為、砕け散ってしましました。その破片が地球の周囲を回っているうちに再度合体し、月になったと言うジャイアントインパクト説が現在は有力な月の起源の説となっております。

天体観測イベントでは、地球と月の関係をもう少し詳しくご説明させて頂きます。

天体望遠鏡で月面観察を愉しんだ後は、お持ちのカメラやスマートフォンで実際の月の姿を撮影しませんか?

また、イベント時間に月の無い時間の日は春の銀河・星団観測を行います。

イベントスケジュール

EVENT SCHEDULE
内容
人気の月面や惑星の観測とスマートフォン及びデジタルカメラへの無料撮影サービスを実施

※水曜・木曜日はお休みです。GW・夏休み・年末年始は開催している場合もございます。詳しくはスタッフまで。
※月明りのある夜は、月光の影響で天体の映像は多少淡くなりますのでご了承下さい。
※月の出ている夜は、大人気の月面拡大観測やスマートフォンやデジタルカメラでの無料撮影サービスを開催します。

【2月の観測スケジュール】
2月1日~7日と23日~28日は月明りの影響の無い夜なので冬の星雲・星団観測
2月8日~22日は月観測を中心にイベント開催

【3月の観測スケジュール】
3月10日~22日は月の観察期間
3月1日~9日と23日~31日は春の銀河・星団観察等