西尾 伸二

志摩の星空コンシェルジュ

ここにあるのは大自然の星空だけ
周りを海に囲まれた志摩の地は、人工の明かりが少なく天体観測に最適なスポット。天体マニアもうなる、美しい星空が年間を通して観測できます。近代的なドームや星を見やすくする自動開閉式屋根などはありませんが、ここにはありのままの星空があります。専属コンシェルジュによる星の話に耳を傾けながら、魅惑の旅へでかけてみませんか?

満天の星に出合える星空テラス

6階の「Wine & Café SORACOLOR」に隣接するテラスが星空観測のステージ。
天体観測時には、隣のバーにてワインなどのお飲み物をお愉しみいただけます(別途有料)。
  • 月面
  • 土星

月や惑星を撮影してみよう!

お手持ちのスマートフォンでリアルな月面を撮影してみませんか? 星空テラスの望遠鏡をカスタマイズして、お客様のスマートフォンで月や惑星の撮影ができるようになりました。望遠鏡の接眼レンズにスマートフォンを近づけるだけで、月面クレーターや土星の輪ほか、月や惑星の美しい姿を撮影することができます。もちろん、タブレットをお持ちなら、さらにクオリティの高い画像での撮影も!
西尾 伸二
星空コンシェルジュ

西尾 伸二 Shinji Nishio

志摩の星空を知り尽くしたスペシャリスト。一冊の天文書がきっかけで小学2年生より天文学に目覚める。当時、非常に高価だった天体望遠鏡を手に入れる代わりに文房具店で虫眼鏡や安物のレンズを買い集め、独学でガリレオ式望遠鏡やケプラー式望遠鏡を自作。月面や主な星雲・星団などを観測した。中学・高校時代は天文部長。社会人になってからは、地域各教育機関が開く子ども向け天体観測会や市民向け天体観測会でも活躍している。現在、プロヴァンスの星空テラスで使用しているマシーンは、小型望遠鏡~40cm大型追尾機能付き反射望遠鏡など複数台です。ほかに、天体撮影専用望遠鏡をコンピューター制御の自動導入・自動追尾装置に同架しています。お客様には太陽系内天体(月・惑星・彗星・恒星)、銀河系外天体の星座や神話の解説を行うと同時に、お客様ご持参のデジカメや携帯電話用SDカードを使っての天体撮影体験を実施しています。

5月の見どころは?

5月は久々に肉眼で観測できると期待されているアトラス彗星が
1日から20日位イベント時間の開始時間1時間少しの時間帯に北西の空低くに見え、
期待通りの明るさになれば望遠鏡を使わなくても、眼視や双眼鏡でその素晴らしい姿を楽しむ事が出来ます。
また5月のイベントではこの彗星以外の観察では通常通りの銀河や月面の観察も含め行います。
今回のサンプル画像も、実際に6階星空テラスの観測機材で撮影した画像です。
1枚目の画像のアトラス彗星は3月時点の姿ですが既に尾も確認できます。
2枚の画像は大彗星の姿は、この様な姿になった1997年にやって来たヘールホッブ大彗星です。
アトラス彗星の写真
(2020年3月撮影)
アトラス彗星とは
この彗星は1844年の大彗星と同様の軌道を持っていることから、1844年の彗星に関係のある天体であると考えられている。彗星の見かけの等級のピークは、近日点(太陽との接近距離)で1等級から-10等級(月並みの明るさ)に達することが予想されています。また彗星のコマは、木星の直径の2倍以上の30万キロメートルまで広がると推定されています。ただし、彗星の非常に動的で予測不可能な動きによって、観測された明るさとそこから予測された明るさの間に大きな差が生じるため、予測は不正確であるかもしれませんが大彗星になる事を期待したいですね。
ヘールホップ大彗星の写真
(1997年3月撮影)
ヘールホップ大彗星とは
ヘール・ボップ彗星は1995年7月23日に太陽から非常に遠い位置で発見され、太陽の近くを通過する頃には非常に明るくなるのではという期待が高まった。彗星の明るさをある程度正確に予想するのは非常に難しいが、ヘール・ボップ彗星は1997年4月1日の近日点通過の頃には、予想通りかそれを超える明るさになった有名な大彗星です。

6月の見どころは?

6月からは、いよいよ夏の天の川が楽しめる季節の始まりとなり、
6階星空テラスで夕涼みをしながら望遠鏡でその中の不思議な銀河の世界を観察したり、
椅子に座り大きく帯状に流れるその天の川の姿を肉眼で眺めながら
時よりその中を流れる流れ星を楽しめる季節の始まりです!
プロヴァンスと天の川の風景
プロヴァンスと天の川の風景(2020年4月29日撮影)
天の川とは?
地上から見える星空の中で、空を横切る帯状の雲のようなものを天の川と呼びます。天の川の正体は太陽=恒星のように自ら輝く星が推定で1500億から2000億個の大集団です。そしてこの大集団は一つの銀河を作っています。この銀河を「銀河系」または「天の川銀河」と呼びます。
M7散開星団の写真
M7散開星団(2020年4月29日撮影)
天の川の中を望遠鏡で覗くと、どんな世界?
肉眼で見ると白い雲の帯に見えますが、望遠鏡で拡大して観察すと全て星の集まりで、その中にはサンプル画像の様に沢山の小さな星々の中に比較的明るく更に星が集中して見える散開星団や、ぼんやりガス状になった星雲が沢山確認することが出来ます。

6月のイベントスケジュール

EVENT SCHEDULE
内容
人気の月面や惑星の観測とスマートフォン及びデジタルカメラへの無料撮影サービスを実施
開催日
【6月の観測スケジュール】
星空観測:6月8日~25日 
月観察:6月1日~7日 26日~30日
※水曜・木曜日はお休みです。GW・夏休み・年末年始は開催している場合もございます。詳しくはスタッフまで。
※月明りのある夜は、月光の影響で天体の映像は多少淡くなりますのでご了承下さい。
※月の出ている夜は、大人気の月面拡大観測やスマートフォンやデジタルカメラでの無料撮影サービスを開催します。
※観測専用の望遠鏡と撮影システムもございます。SDカードやUSBステックもご持参ください。